thanks giving day(感謝祭)特集

感謝祭はアメリカでは大事なイベントですが、この日、アメリカ人はアメリカ人はどのように過ごすのか?
今日はご紹介させていただきます。

11月の第4木曜日は、Thanksgiving(感謝祭)。日本ではあまり知られていないが、アメリカでは、日本のお盆やお正月のように大事なイベントです。
アメリカ人はどのように過ごすのか?

毎年、11月第4木曜日のThanksgiving Dayと、翌日のAfter Thanksgiving Day、そして土日を合わせた4連休は、学校、会社、公共機関などのほとんどが休みとなる。水曜の夜には、アメリカ人は皆、故郷に帰るための大移動を開 始。この日は、高速道路や交通機関が1年で最も混雑する日だ(まるで日本のお盆やお正月?)。そしてThanksgiving Day当日は、七面鳥やパンプキンパイなど、Thanksgivingにちなんだ料理や、それぞれの家庭の定番料理など、あふれるほどのごちそうを家族や 親戚で囲み、食べ物を与えてくれた神に感謝し、アメリカンフットボールや、各地で行われるパレードのテレビ中継を見ながら楽しく語らう、というのが一般的 な過ごし方だ。

しかし翌日の金曜日は,約1ヶ月後のクリスマスに向けての正式なショッピングの始まりの日。この日限りの大安売りがあちこちで展開されるため,買い物リストを片手に、ショッピングをしてまわる人も多い。

ちなみに、Thanksgiving Dayである木曜日は、ほとんどのお店が閉店。いつもは24時間営業しているコンビニやファーストフード店も、完全休業か午前中のみ営業といった具合なので、その時期にアメリカ旅行するときは、
食いっぱぐれないよう、しっかり備えておこう。

jobdii.jp

×