Wi-Fi対応可能のBMW ICOMについてのwifiを設定する方法


BMW ICOM A2+B+C診断&プログラミングツールは最新の2015.07ソフトウェア、アダプターを搭載して、Wi-Fiも対応可能になります。BMW ISTA診断、プログラミングシステムの第二世ですので、より優れ。BMW診断機なら、BMW ICOM A2は最高なチョイスと思います。
最新バージョン2015.7 ICOM A2 + B + C診断&プログラミングツールfor BMW (Wi-Fi対応可能、日本語支持)
1. 市場最新なソフトウェアバージョン(2015.07)を持っています。
2. Wi-Fi対応できて、使い便利。この商品はWi-Fiとルーダーが付属して、無線機能が対応可能になります。
3. 新しいインテルアダプタ機能サポートしています。
どのように無線LANを設定しますか?
1.       まず、USB無線LANはコンピュータに挿入します。

2.       コンピュータ自体の無線LANや他の追加された無線LANを閉じて、USBワイヤレスネットワークだけ残して、有線接続ポートは、ケーブルやデバイスを接続することはできません。
3.       確認後、コンピュータを起動します。
4.       そして、ネットワークのすべてを閉鎖し、ケーブルが接続されていないことを確認してください。

画像は無線LANをオフにすることはできません、それは"X"を示したが、我々wifi.が正常であることを示しています
5.       ソフトウェアを起動し、ICOMの無線LANを選択します。

1.       そして、車にICOM a2を接続し、20?60秒を待って、デバイスの無線LAN LEDが点滅したり、ゆっくりと点滅していないを見ることができます。

それはusbの無線LANとICOM A2の無線LAN間の通信がOKであることを示しています。
7.       今、あなたは診断またはプログラミングソフトウェアをクリックすることができます

この通知を取得するときに、okをクリックし.、閉じないでください。

デバイスが正常を認識します。