どのようにGM TECH2でECUプログラミングを行う


最高品質のGM TECH2はGM、オペル、ホールデン、鈴木、サーブ、いすゞ車を診断するために使用する最高のテスターです。VetronixのTech2 GMソフトウェアはすべてのGMシステム1992から2011のオンボード診断をサポートします。GM TECH2 TIS2000 は2007までのGM車のプログラミングを行います。
どのようにGM TECH2でEEPROMプログラミングを行いますか?
車両にGM TECH2を接続します
テック2を開きます - 画面が表示され始めます。
イグニッションを回して(モータを開始しません!)。
テック2スタート画面で「入力します」を押します。
F1を選択:メインメニューで「サービスプログラミングシステム」「F1:プログラムECU」」を選択します。
テック2画面の指示に従ってください。
ダウンロード中テック2画面には、「進行中のプログラミング」のメッセージが表示されます。
ダウンロードの終了時、テック2は「プログラミングは成功しました」というメッセージを表示します。「Exit」を押し、まず、車両のイグニッションを切り、その後テック2を切り、車両から切断します。
モータを始動する前に30秒間イグニッションを切り。詳しい情報は、「プログラミングの確認」セクションにあります。
Alternative Programming with “Pass Thru”
上記の手順に加えて、「Pass Thru」と呼ばれる代替のプログラミングモードがあります。その場合、データが直接車両内のECUにPCからダウンロードされます。
テック2はまだそのモードで必要とされていますが、データ入力やダウンロード制御をPCで直接実行されます。要するに、その方法は高速であり、TIS2000を搭載したPCは、車両の3メートルの範囲内にあるとき、それが推奨されます。
車両にGM TECH2を接続します
PCにテック2を接続し、テック2を開きます
PCでTIS 2000を起動します
TIS2000スタートページ上のアイコン「サービス・プログラミング・システム」を選択します。
以下の選択を行います
***Pass-Thruモード
***交換されなかったECUのリプログラミングや新しいECUの交換/プログラミング
*** ECUの場所。
そして、「次へ」ボタンをクリックします。
プログラミングの結果をチェックしてください
ECUのすべての再プログラミング後、テストが成功したプログラミングをチェックするために次のように実行しなければならない:
イグニッションを切ります
少なくとも30秒間待ちます
成功したプログラミングを確認するために、モータを始動します。