XPROG-M V5.55でBMW E46 M35080 EEPROMを読む


この記事はXPROG-M V5.55プログラマを使用して、BMW E46 M35080 EEPROMを読むこと及びM35080を読み込むときに、「FF FF」エラーを解決する方法についての記事です。

この記事はXPROG-M V5.55プログラマを使用して、BMW E46 M35080 EEPROMを読むこと及びM35080を読み込むときに、「FF FF」エラーを解決する方法についての記事です。

すべては「FF」のエラーから始まりました!

クラスタを分解して、M35080のピンに直接ハンダ付け、それでも同じ結果を得た、FF FFの読み取り

xprog-m-error-FF-FF

考えられる原因:

XPROG-mはM35080のために使用M3508016ピンアダプタプログラミングボードが正常に動作していません。

”99% sure the FF reads are due to the adapter board” (by a xprog-m user)

実行する方法:

replaced the 8 wire harness with a new one and the soldering is as it should be to remove the 8 wires from the board, connect brass pins and connect the 8 wires to the corresponding slots on the 16 pin connector thus avoiding the use of the board

XPROG M35080アダプタプログラミングボードの一部:

xprog-m-connection-1

soldered the wires directly to the corresponding pins off of the connector that connects to the xprog and thus bypassed the M35080 xprog green board:

xprog-m-connection-2 xprog-m-connection-3 xprog-m-connection-4

the M35080 pin order and the Xprog-m 16 pin connector pin labels so that the correct 7 pins can be sequenced between the M35080 eeprom and the Xprog-m special programming board for the M35080 Eeprom:

xprog-m-connection-5 xprog-m-connection-6

再配線、ここで読み取られています:

xprog-m-5.55-read-m35080-1 xprog-m-5.55-read-m35080-2

E46 M35080を選択し、E46 Bosch M35080ではありません―これはVINの不正確な表現や他のデータの写真が出てきた理由です。

M35080 EEPROMに元のファイルを保存して、binファイルを編集して別の名前でそれを保存しました。

M35080を消去して、編集された元のファイルをロードします

M35080に新しいファイルを作成しました

確認のため、新しい読み取りを行いた、すべてが順調です。